本文へ移動

すでに競売になっている方へ

すでに競売になってしまっており、将来の不安や焦り、または怒りや苛立ちを持ちながら毎日を過ごしている方も多くいらっしゃると思います。
「期限の利益喪失予告」という通知書が自宅に届くと 残念ながら「現金」で買い戻す以外には、自宅を維持することはできません。

競売になってしまった場合、多くの方が思うことに「こんな大きなことになるとは思わなかった。」「こんなに簡単に家を手放さなければいけないの?」ということです。

あなたもそうではありませんか?
金融機関から届く書類を最初は開封して見ていたけど、徐々に「どうせまた支払いの催促でしょう」といった具合に開封しなくなってしまったり、そもそも、開封して読んではみたけど、そんなに重要な内容だとは思ってなかった。という方は非常に多いのが現実です。
結果的に競売になってしまった人の多数が「知識不足」「認識不足」から、「競売」になってしまっています。「知らなかった」という方は圧倒的に多いのです。
しかし、金融機関から送られてくる「督促状」や「催告書」または「期限の利益喪失予告書」 「住宅ローン未納が続いた場合の金融機関の対応」「競売に関すること」 を不動産業界の人間に聞いても、しっかりとした回答ができる人は3割未満だと思います。 不動産業界の人間でも知らないことを、一般の方が「各通知書の意味」や「各通知書の重み」 「競売のこと」を知る筈がありません。知らなくて当然なのです。

「こんなことになるなら、もう少しどうにかしたよ」
と思われている方が残念ながら非常に多いのが現実なのです。ですから、
あまりご自分を責めないで欲しい、またはあまりご家族の誰かを責めないで欲しいと思います。

競売になられた方の大多数が「つい最近までは住宅ローンを払っていた」人です。ですのでこの現状を「受け入れにくい」と感じている方も多数いらっしゃるとは思います。 しかし今後の「金融機関」「裁判所」の対応は極めて事務的であり、裁判所の都合により売却へと確実に進行していきます。止まることはありません。
  

今後どうするか?

今後、「競売」が進む中で選べる選択肢は2つしかありません。1つは「このまま競売」
1つは「任意売却」。
「任意売却」という売却方法も近年認知度が上がり知っている方もいるとは思います。

任意売却の主なメリット

競売より任意売却の方が売却額が高い。
引越し費用が捻出される可能性がある。
マンション管理費用・修繕積立金の未納額が債権者より捻出される可能性がある。
登記簿謄本の登記抹消費用が捻出される。
引越し日を購入者と話合いにより調整できる。
親子間売買やリースバックにより自宅を手放さずに済むことができる。
簡単ではありますが主な任意売却のメリットです。
繰り返しになりますが「自分や誰かを責めないでください」
通知書等や競売について知らなくて当然であり、競売になってしまった方の大多数が同じです。
知識不足・認識不足です。
知識不足、認知不足により同じ失敗を繰り返す必要はないのではないでしょうか?「任意売却なんてよく知らなかった」ということは避けて欲しいと思います。是非、任意売却を知ってから決断して欲しいと思います。
「話し合い」や「ご説明」の後に「競売」を選ぶのか「任意売却」を選ぶのかを決めるのは勿論あなたであり、それから決めても決して遅くはありません。
「競売」と「任意売却」、メリットが大きいのは圧倒的に「任意売却」になります。一度、私たちに「ご説明の機会」を頂けましたら、解りやすく説明いたします。ご連絡お待ちしています。
大分任意売却相談室
運営:株式会社CITV大分
〒870-0047
大分県大分市中島西1丁目7-14
TEL.097-574-6890
FAX.097-574-6891
ご相談はお気軽にフリーダイヤルで
0120-746-890
ご相談は相談無料です!【秘密厳守】
【受付時間】
9:00~18:00(定休日:祝日)
TOPへ戻る